サーチコンソールとGoogleアナリティクスを連携する手順の紹介

今回は、「Google Analytics」と「Google Search Console」の連携方法について紹介します。

スポンサーリンク

サーチコンソールとGoogleアナリティクスを連携するメリットは?

Googleが無料で提供している2大ツール「Google Analytics(グーグルアナリティクス)」と「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」は、もはや必須と言われるほど多くのサイトで導入されています。

グーグルアナリティクスとは?

Google Analytics(グーグルアナリティクス)は、非常に優秀なアクセス解析ツールです。
自サイトへどのサイトを経由して訪れたのか、スマホとパソコンのどちらからアクセスしているのか、訪問者数はどれくらいかなどのデータを計測することができます。

これらの情報を得ることで、自分のサイトの良い点、悪い点が見えてきて、改善点を見つけることができコンバージョンを上げるのに役に立ちます。

グーグルサーチコンソールとは?

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)は、サイトSEO解析サービスです。
インデックス登録状況、クローラー状況、HTMLエラー情報等を確認することができ、SEO対策に非常に役に立ちます。

 

この2つのツールは連携させることが出来て、「どのようなキーワードで検索されてアクセスされ」「どのようにサイト内を回遊してサイトから離れたのか」といったユーザーの動きが把握できるようになります。

サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携方法

ここからの手順は、貴サイトには、既に「Google Analytics」と「Google Search Console」の登録が終わっている事を前提にしています。

 

最初に、Googleアナリティクスにアクセスします。

googleアナリティクスの左メニューより検索クエリを選ぶ左サイトメニューの「集客」→「Search Console」→「検索クエリ」を選択します。
(※「ランディングページ」「国」「デバイス」の選択でもOKです)

 

Search Console のデータ共有を設定を選択する「Search Console のデータ共有を設定」を選択します。

 

Search Console を調整を選択する「Search Console を調整」を選択します。

 

追加を選択する「追加」を選択します。

 

連携したいサイトにチェックを入れて、「保存」を選択する連携したいサイトにチェックを入れて、「保存」を選択します。

 

関連付けの追加ダイアログでOKを選択するダイアログが表示されるので、「OK」を選択します。

 

以上で、連携は完了です。
再び、「Googleアナリティクス」の左サイドメニューの「集客」→「Search Console」→「検索クエリ」をクリックして、グーグルサーチコンソールのデーターが表示されていれば連携されています。

確認できるデーターは「ランディングページ」「国」「デバイス」「検索クエリ」の4つとなります。

スポンサーリンク

まとめ

如何でしたでしょうか?
連携の手順はとても簡単だったと思います。
連携をすることにより、今まで気づかなかったことがわかるようになり、サイトの質の向上が図れるようになります。

ツールを使いこなして検索で上位表示を目指していきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事