miuzeiラズパイ4ケースの取付け方法とレビュー

ラズベリーパイ4のケースを購入しましたので、レビューしたいと思います。
ラズベリーパイ4用のMiuzeiケース
今回購入したのは、Miuzeiのラズベリーパイ4専用のケースです。

スポンサーリンク

Miuzeiケースの開封

Miuzeiケースの梱包物
梱包物は、ケース本体、説明書、ファン、ヒートシンク、サポートマニュアルです。

 

miuzeiケースの中にゴム足が4個入っている
本体のプチプチを開けると、本体の裏面にに貼り付けるゴム足4個が入っています。

Miuzeiのラズパイケースは、ボックスタイプではなく、お菓子のミルフィーユみたいに
アクリルパネルを重ねるタイプです。

Miuzeiケースをラズパイ4に取付ける手順

それでは、手順書に沿って、Miuzeiケースにラズパイ4を取り付けていきます。

miuzeiケースの4隅のネジを取り外したところ
まず、本体の四隅のネジを取り外します。この際、アクリルパネルの順番をバラバラにしないで下さい。
がたつきなく、きっちりラズパイを取り付ける際に、このアクリルパネルを重ねる順番は、超重要です。

 

miuzwiケース上の保護フィルムを剥がしたところ
miuzeiケース下の保護フィルムを剥がしたところ
次に一番上下になる1層目と9層目の透明パネルの保護フィルムを取ります。かなりピッタリフィルムが張り付いているので、剥がすのは結構苦労します。

 

miuzeiケースの一番底の透明パネルに黒いパネルを重ねたところ

一番下の1層目の透明パネルに2層目の黒いパネルを載せます。

 

miuzeiケースの2層目に3層目を載せる

さらに3層目の透明パネルを載せます。

 

miuzeiケースを3層目まで重ねたらラズパイ4本体を載せる

ラズパイ4本体を載せます。

 

miuzeiケースの4層目の透明パネルを載せたところ

さらに4層目の透明パネルを載せます。

 

miuzeiケースに付属したいたヒートシンクの両面テープを剥がす
ラズパイ4にヒートシンクを取り付けたところ

ヒートシンク裏の両面テープのシールを剥がし、ラズパイ4に取付けます。(4ヶ所)

 

miuzeiケースの5層目の透明パネル
miuzeiケースの6層目の透明パネル
miuzeiケースの7層目の透明パネル
miuzeiケースの8層目の黒いパネル
miuzeiケースの5層目から8層目のパネルを重ねたところ

5~7層目の透明パネル、8層目の黒いパネルを載せます。透明のパネルは形が微妙に違うので順番に気を付けてください。

 

miuzeiケースの9層目の透明パネルにファンを取り付ける

一番上の9層目となる透明パネルにファンを取り付けます。(ネジ4ヶ所)

 

ラズパイ4のGPIOにファンの端子を取り付ける位置の確認
ラズパイ4のGPIOにファンの端子を取り付ける

ラズパイ4のGPIOにファンの端子を取り付けます。今回は高速回転の5Vの端子に取付けました。プラスマイナスの端子を間違えないように気を付けてください。

 

miuzeiケースの4隅にネジを取り付ける

ケース本体の4ヶ所にネジを取り付けます。

 

miuzeiケースの底面にゴム足を取り付けて完成

ケース本体をひっくり返して、底面にゴム足を4ヶ所貼り付けて完成です。
取付け方は、特に悩むこともなく、マニュアル見ながら20分位で完成しました。

スポンサーリンク

Miuzeiケースのレビュー

miuzeiケースは9層のアクリルパネルで構成されている
透明なアクリルパネルなので、ラズパイ本体が見えるので、とてもかっこいいと思います。

 

miuzeiケースは、ラズパイ4本体にSDカードを入れやすい設計
マイクロSDカードの差し込みもやりやすいです。

 

miuzeiケースは、usbやLAN端子と干渉しない
usbとLANの差し込み口もケースにピッタリで干渉しません。

 


ケースとラズパイ4がキッチリなので、電源(USB type C)端子とmicro HDMT端子(2か所)はケーブルによっては、端子の奥まで入らないかもしれません。
(自分のケーブルは、奥まできっちり入りました)

 


GPIO部分にはスリットがあり、ケースを分解しなくてもファンの5vと3.3vの付け替えが可能です。
ファンの音は、私的には5vでも、そんなに気にならないです。静粛性にこだわる人は、3.3vの低速回転にしたほうがいいかも。

取付けには、ドライバーと六角レンチかペンチがあったほうがいいです。
ただ締め付けすぎると、アクリルが割れる可能性があるのでご注意下さい。

まとめ

ラズベリーパイ4にピッタリ装着でき、ガタツキもなく非常にクールなケースだと思います。

注意することは、9層のアクリルパネルを組み立て時バラバラにしないことです。

ヒートシンクとファンが付属していて、1,200円程度で買えるので、とてもコスパが良いおススメのケースです。

スポンサーリンク
おすすめの記事