ラズパイ4と周辺機器を接続し電源起動まで
スポンサーリンク

最初に

今回は、ラズベリーパイ4(ラズパイ4)と周辺機器との接続、電源立ち上げまで解説しようと思います。

事前準備

周辺機器を用意する

ラズパイ4を購入しても、それだけでは利用できません。用意する周辺機器はこちらの記事を参考にして下さい。

microSDカードにラズパイ用のOSを書き込む

一般的なパソコンと同様、ラズパイもOSが必要となります。公式サイトより「Raspberry Pi Imager」という
ユーティリティソフトが提供されてからOSの作成がとても簡単になりました。
こちらの記事を参考にしてmicroSDカードにラズパイ4用のOSを書き込んで下さい。

ラズパイ4にファン付きのケースを取付ける

ラズパイ4を動作させるだけならば、ケースは必要ありませんが、ボードがむき出しの為、埃が付くこと等を考えるとそのまま使用する事に不安があります。
また、性能アップに伴い、流れる電流が増えていますので発熱の心配があります。
以上の事より、ファン付きのケースを取り付けて使用する事をおススメします。
ケースに関してはこちらの記事を参考にして下さい。

スポンサーリンク

ラズパイ4に周辺機器を接続する

microSDカードを差し込む

ラズパイ4にmicroSDカードを挿入する
ラズパイ4にmicroSDカードを奥までしっかり入れる

まず、ラズパイ4本体をひっくり返して、ラズパイ4用のOSが書き込まれたmicroSDカードをスロットに差し込みます。
ラズパイ2までは、バネでイジェクトできるようになっていましたが、ラズパイ4ではバネは廃止され
カチッとは入らないので奥までグッと差し込んで下さい。

マウスとキーボードを接続する

マウスとキーボードをUSBポートに接続する
次にキーボードとマウスを接続します。4ポートあるUSBポートの内、どこに差しても構いません。

 

無線のキーボートとマウスはレシーバーをUSBポートに差し込む

無線の場合は、レシーバーをUSBポートに差し込みます。

LANケーブルを接続する

LANポートにネットワークケーブルを接続する
LANポートにネットワークケーブル(LANケーブル)を差し込みます。最初の起動は、初期設定がかなり時間がかかるので有線接続がおススメです。
ラズパイ4上の無線LANアダプターを使用してネットワークに接続する場合は、この接続は必要ありません。

HDMIケーブルを接続する

HDMIケーブルをラズパイ4に接続する
HDMIケーブルをディスプレイに接続する
ラズパイ4本体のHDMIポート、ディスプレイ装置のHDMIポートそれぞれにHDMIケーブルを差し込みます。ラズパイ4にはポートが2つありますが、
ディスプレイを1台だけ接続する場合は、どちらのポートに繋いでもかまいません。

ラズパイ4本体側のHDMIポートは、Micro HDMI(HDMI ミニ)ですので、フルサイズのHDMIケーブルの場合は、変換アダプタが必要です。

電源ケーブルとACアダプターを接続する


最後にラズパイ4本体の電源端子に電源ケーブルを差し込みます。ラズパイ4より電源端子はUSB Type-Cに変更されました。
ラズパイ3等の電源ケーブルを使用する際は、microB-Type Cの変換コネクタが必要となります。
最後にACアダプターをコンセントに差し込みます。電源ケーブルに手元スイッチがない場合、コンセントに差し込んだと同時にラズパイ4が起動するので、手元スイッチ付きの電源ケーブルを使用する事をおススメします。

 

ラズパイ4と周辺機器の接続が完了

以上で、ラズパイ4と周辺機器の接続は完了となります。

ラズパイ4の電源を入れる

準備ができましたらラズパイ4を立ち上げてみます。

ラズパイ4の電源オンでパワーランプがともる
手元スイッチをオンするとラズパイ4の起動ランプ(PWRランプ)が赤くともり、ファンがついている場合はファンが動き出します。

 

ラズパイの電源を入れると最初にロゴマークが表示される
ラズパイの電源オンでOSのシステムチェックが起動する

ディスプレイの左上ににラズパイのロゴマークが4つ表示されて、その後OSが起動し、システムのチェックがはじまります。

 

ラズパイ4のシステムチェックが終わると初期設定画面が真ん中に現れる
システムチェックが終わり無事起動したら、ディスプレイの真ん中に初期設定画面が登場します。

まとめ

ラズベリーパイは一般的なパソコンと同じような接続で動作しますので、全く違和感はありません。
また、パソコンで使用する周辺機器がそのまま使用できるので、人によっては、非常に安価でラズパイを楽しむことができます。

次回は、ラズパイ4の初期設定について解説しようと思います。

スポンサーリンク
おすすめの記事